脱毛 鹿児島

脱毛 岐阜
大阪 ブライダルエステ

FXにおける保証金とレバレッジの関係

FXの必要保証金とレバレッジの関係について説明しますね。

例えば、あるFX業者では、1万ドルを買えば5万円の保証金が必要としている会社があるとしましょう。

FX取引口座に5万円以上資金が残っているならば、FX取引が可能ということになりますので、
その5万円というのは担保のようなものです。

もし1万ドルが100円の場合には、1万ドルは100万円ですが、自分の口座にFX取引業者が決めている保証金が100万円しか資金が残っていない場合には1万ドルを買うのが限度ということになります(レバレッジが1倍のとき)。

仮に保証金が1万ドルにつき50万円になった場合には、レバレッジが2倍まで購入可能で、10万円だった場合にはレバレッジ10倍まで買うことができることになります。

FX業者に預けている証拠金の何倍もの取引が可能になる制度で、少ない資金で大きな規模の取引が可能になり、より大きなリターンを期待することも出来ます。これが、FX取引のメリットでもあり、多くの人が利用している制度でもあります。

しかし、メリットとデメリットは、紙一重です。

つまり、レバレッジで大きなリターンが期待できるものの、その分、リスクも比例して倍増してしまうのです。
レバレッジ10倍で取引をするということは、利益が10倍になるだけでなく、損失も10倍になってしまう可能性があるのです。

このレバレッジを活用することで、思いのほか大きな損失を受けることも考えられます。

FXの必要保証金とレバレッジは切っても切れない関係ですね。