脱毛 岩手
ブライダルエステ 埼玉

イントラレーシックを受けた後の注意点

イントラレーシックの効果は、近視・乱視の矯正が可能になることです。
手術も日帰りですむ場合もあり、効果も即効性があり手術の翌日には裸眼で1.0〜2.0が期待できます。
つまり、手術した次の日からコンタクトレンズがいらなくなるということです。

視力矯正手術を受けた場合に気をつけなければいけないことは、フラップの密着に時間が必要になるため、手術後1週間ほど目を清潔にして、刺激や衝撃にも注意しなければなりません。

感染症に注意するために、保護用のサングラスなどで目を守り、ほこりやゴミなどが目にはいらないように注意しなければなりません。花粉症などの人は季節によって特に注意が必要になることがありますので、外出も控えなければならなくなるかもしれません。

喫煙や飲酒も手術のあとは控えたほうが良いでしょう。それはイントラレーシックの手術に限らず、ほかの手術でも同じですが、たばこの煙は目に入ったりしますので3・4日は控えてください。

寝ている時に無意識に目をこすることは良くあることです。その対策として、保護用のカバーがありますが、眼科での貸し出しや無料でプレゼントしてくれるところもあります。

仕事の種類や運転も含めて手術後の注意事項はいろいろありますが、おおむね1週間ほどの間ですので、その後の快適な生活を考えれば、短い期間ですので苦にはならないでしょう。

レーシックを福岡で受けるなら

レーシックはどこで受けても同じだと思っていませんか?
レーシックは医師の腕はもちろんですが、使用している機器によって大きく差が出てきます。

レーシックを受ける場合、確かな技術、豊富な実績のある眼科でなければ安心して受けることはできません。安心してレーシックを福岡で受けることができる眼科をを紹介しています。後悔しないために本当に信頼できる病院を選びましょう。